昔から身近だった接骨院

小学生の頃、同級生の男子たちが頻繁にいろいろな怪我をしていたのを覚えています。今よりも子供が外で遊ぶことが多く、やんちゃな子が多かった時代です。塀からジャンプで飛び降りて足を捻挫するようなことも決して珍しいことではありませんでした。突き指は日常茶飯事だったし、打ち身擦り傷はごく当たり前だったものです。だいたいみんな、怪我をすると近隣の接骨院に行っていました。そういう怪我が多かったからか、学区内にもいくつも接骨院があってかかりやすかったというのも理由の一つだと思います。実際放課後の接骨院は近所のお年寄りと子供の患者で埋まっていて、私たちにとってはごく身近な存在だったと言えます。最近は怪我をすると整形外科というイメージの方が強くなってきていると言えるかもしれません。そもそも接骨院と整形外科では診療を行う人の所有している資格が違います。その為厳密には接骨院の先生は医師ではありません。でも地元の接骨院の先生はすごく人気もあり、怪我をした子供たちが怖がらずに通える場所でした。通いやすいということもすごく大切なことですよね。

シマックス

浮気調査 メール 方法

整体スクール 大阪